忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

【教材】科学の祭典 2



紙飛行機のバランスする点を特定するのがコツ。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
   にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

【教材】科学の祭典 1



スーパーボールの弾力により、驚くほど飛びます。
以下を参考にしたとのこと。


工楽研究所<機楽研究室>
の中の、

あそびと面白い物の部屋
http://kojison.web.fc2.com/asobi/

予算一本、数十円。百均。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


【自作教材】 「7ならべ風ジグソーパズルゲーム」~SST、視覚的な部分と全体との関連性、構成能力etc.



パズルゲームですが、ルールは、トランプの「7並べ」と同じです。
手持ちのピースが、一番早く無くなった人が勝ちです。
かなり、もりあがりました。
  1. まず、自作のジグソーパズル(全てのピースを同じ四角形、大きさに切ったもの)を2種類用意します。(子どもの好きなキャラをカラー印刷して、段ボールに貼り付けたもの)
  2. 次に、2種類のうち、どちらのパズルを組み立てるか、話し合いで決めます。
  3. 使わない方のパズルから2ピース(参加者数に応じて数は加減)引き抜いて、「ババ」として使用します。
  4. 「ババ」と、使う方のパズルを裏にして混ぜ合わせ、積み上げます。
  5. それを参加者に均等の数になるように配ります。
  6. じゃんけんして、買った人から自分の手持ちの1ピースを置きます。
  7. 次の人は、置かれたピースの隣につながるピースを手持ちから選び、置きます。
  8. ババを持っている人は、自分の手番の時、いつでも、どこに出してかまいません。
  9. 手持ちのピースを置こうとした時、既にその場にババが置かれているときは、ババを拾って、そのピースを置かなければなりません。
  10. これを繰り返して、一番に手持ちのピースがなくなった人が勝ち。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


【自作教材】ついに完成、「電流イライラ棒」上肢運動の調整機能の向上に




迷路の中を棒でくぐっていき、壁にぶつかることなくゴールしたら勝ち。
壁にぶつかると電子回路が音を鳴らします。スタートに戻る。

針金は百円ショップ。
ねじは大型量販店。
板は廃棄予定だった学校の机。
電子回路は、古くなったピンポンブーを分解して接続。

まだ、接触が悪いところもありますが、裏でバイパス回路を増やせば改善するでしょう。
細い棒は初級者用。太い棒は有段者用。


子どもと一緒に作った今年の超大作教材。

今後は、斜めや回転の動きも取り入れてみたいです。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


教材紹介 たたいて かぶって じゃんけんぽん


正式な本家本元があるとは知りませんでした。

安全のため、たたく棒は、紙をまるめたものを使用しました。
感覚統合のため、紙をまるめるという作業もやってもらいました。
ヘルメットは教室にないので、バインダーを急きょ使用。

ねらい

(1)もし~ならばの判断と、動作の実行する機能を育てる。

(2)じゃんけん中は棒に触らない、考えをまとめてから実行するなど、衝動性や注意の配分のコントロール。


非適用例
(1)じゃんけんの勝敗の判断がほとんどできない場合

(2)恐怖感を持ちやすい場合


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


【自作教材】ことばの理解力を育てるプリント



即席なものですが。

言語理解には4種類あって、

・音韻の理解(発音、語音の聞き分けなど)
・意味理解(りんごは、赤くて果物で、という属性の理解)
・統語理解(文法的な理解)
・語用的な理解(言外の意味を理解する)



「めだまやきの作り方で、いちばんだいじなのは何番?」
「しつもんした人に、一言で答えるとしたら、何番?」

発問によって、答えが変わってきます。

つまり、前者はレシピの重要性を問うているのであり、
後者は質問者の意図(言外の意味)を理解して答えることを求めています。

日常会話で、相手のことばの意図を読み取れないと、レシピを細かいところから永遠と説明することになります。
文字化してあげるとわかりやすくなるかもしれません。

「卵焼きでもない、スクランブルエッグでもない、ひよこをかえすのでもない、目玉焼きの作り方は?」の語用論的な意味であれば、答えは2であり、頻度の高い質問の意図でしょう。

何度も作ろうとして、力が入りすぎて黄身をたくさん割ってしまった人に尋ねられたら、8が正解。

というように、質問の意図の理解は、どれくらいの頻度か、などの優先順位の検討を人は瞬時に行っているのですね。
まるで、パソコンやタブレットで漢字検索するときに、手書きすると、漢字候補が出るようなものですし、高性能な漢字変換ソフト、つまり使用頻度や文脈を読み取って漢字候補を出すようなものでしょう。



そうした使い方にも良いし、一般的な言語理解、本質と非本質との区別などの学習に。


ダウンロード


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


幼稚園でのユニバーサルデザイン



「危ないから、ブランコのそばに行かないでね」と注意されても、事故は起きます。
実際・・・。
でも、先生が悪いのではないのですよ。
何年も前の話ですが、謝られても、かえって恐縮してしまいます。

ところが今日、行事で幼稚園に行ってみたら、ブランコ付近に矢印が。
そしてもっと驚いたことに、どの子も、その線に沿って歩行しているではありませんか。
その行動は、無意識レベルに達していました。
もちろん、線上を歩く練習を実際に行った上で、でしょうけれども。

なるほどですね。

小さい子どもは、横断歩道の白いところだけを踏んで、渡りたがったりしますね。
習性かもしれませんね。

壁一面にシールを貼りまくるのも、「空間を埋めたい」という欲求があるからだそうで。
そういえば、自分も小さいとき、そうだったなあ。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  

 


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


タブレットで、幼児が漢字の筆順を獲得



なぞり! かんじ

タブレットの長所は、
1)なぞれるところ
2)直感的に操作できるので、子どもでもわかりやすい。

このアプリの特徴は、書き順を誤ると赤い線になり、正しいと黒い線になるところ。
連続的、即時強化ですね。
なんと、1年生の漢字の筆順をいくつかおぼえてしまいました。
答えを見ずに、何度も間違えては再トライして。

これは、視知覚のトレーニングにもなりますね。
方向とか、上下左右の位置関係とか。

鉛筆は握りもちでも、手指でなぞれば正解に至るので、不器用さがあっても成功体験も味わいやすい。

もちろん、書き順を覚えたから、漢字の意味がわかったとかではないですが。

念のため。子どもがやりたがっただけで、私が「やらせた」わけではありません。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
 








にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


アンドロイドを教材として~初タブレット 2




世の中、「タブレットは、もう、使ってみるという段階を超えている」そうですが。
私にとっては「使ってみる」段階です。

今まで使ってみてわかったこと

1 アプリの質は、無料、有料とはあまり関係がない場合もあること
2 ドリル的なものが多く、反復学習、自習にはよい。
3 指でなぞる、という機能が、書字、とりわけ筆順の評価と指導にはよい。
 (ただし、正確な書字かどうかの判断で、アプリが致命的なミスをすることがある)
4 初期状態では、余計なソフトがキャッシュメモリを過剰に消費しているので重くなる。
  (再起動時は、いちいち停止する必要がある)

そして何よりも
5 学習意欲は間違いなく向上する

です。

報道では、特別支援学校での導入によって、表出できることばが増えた子もいるとか・・・。

これは、各学校に早く導入したいですね。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  



(以下CMは、記事と無関係です)

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


WISC−4とタブレットのアプリの使用との関係

ただいまタブレットから入力中。投稿できないと思っていたら、投稿用のアプリがあったのでした。
タブレットを使っての指導の感想。
当たり前のことですが、タブレットだろうが、何であろうが、結局は子ども理解がベースだということ。
漢字の読み、書き、意味概念のそれぞれをねらったパッケージのアプリがありました。
そのメニュー選択画面で、子ども理解の仮説に基づいた選択を行うわけです。
そして実際にやらせてみると、仮説の妥当性が検証され、次につなげたり、励ましたりできるわけですね。
それと、自習にも使えそうではありますが、遊んでしまう子もいるだろうなと。
衝動性の強い子や、学習意欲の低い子は、考えないでタップタップになりそう。逆に興味を持つ子も多いと思うけど、万能でも、無害でもない。
近眼の子にめがねを与えれば、それでよいというわけでもないのと同じ。
ただ、画面の漢字を指でなぞるという機能は、タッチパネルの強みですね。指でなぞってから、鉛筆を持つことで、助かる子もいるでしょう。
安いのだと、適当になぞっても正解してしまうということはありますが。

と、打ってみましたが、慣れていないので、肩がこってきました。

それに、バーナーをどうやって貼り付けるかもわからないです。
コピペってできるのでしょうか。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  



(以下CMは、記事と無関係です)

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***




忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***