忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
[12/21 赤根 修]
[12/17 ku]
バーコード
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

「就学後、集団生活に乗れるか心配」

「就学後、集団生活に乗れるか心配」を主訴に訪れた年長女児。まず収集すべき情報はどれか。

① センター巡回相談の鈴木ビネー検査の結果
② 幼稚園、保育園の様子
③ 文字の読み書きの程度
④ 学校の就学時一斉知能検査の結果
⑤ 家族構成

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

教育相談の件数、倍々に増加

教育相談が次々と入ってきています。
そのペースはかなり速く、夏休みまでに、既に昨年度一年分の件数に達しています。
昨年度の件数も、一昨年の件数の倍です。

教育相談から支援への接続にあたって、
1)「成功」につながるか、「失敗」につながるか、の二元論ではなく、「失敗したり、成功したり」という子どものリアルドラマに、とことんつきあおうとする姿勢であるかどうか。

2)一つの現象を見ただけで、全体の判断をしてしまうシングルフォーカスや、自分の人生経験と重ね合わせてしまう思いこみ、思いつきの対応になっていないか。決めつけていないか。

3)形にとらわれて、子どもの気持ちに寄り添おうとする姿勢から離れてしまっていないか。

過去、こうしたことに懸念を持たざるを得ないような教育相談、校内体制を見てきました。

一方で、無名でも、コツコツと地道に実践を積み上げ、あくまでも子どもへの愛情を注ぐ実践も見てきました。

ジェネラリスト(その子の専門家)と、スペシャリスト(知識の専門家)の両輪を大切にしながら、でも最終的には「隣のおじさん」=ジェネラリストとしての総合的判断と支援の手だてにつなげられればと思っています。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


アセスメント情報が欠けるのは致命的

ラ行音がダ行音に置換しているとの初回アセスメント情報。担当が替わって替わって数年後、もっと必要な支援があると初めてわかる。初めの情報収集をきちんとしていれば、もっと早くにわかったはずというような事例を多く見てきています。
集めた情報は整理すべきは当然ですが、それ以前に、子どものトータルな理解の視点が抜けていないか、検討が必要です。

子どもの一部だけを見て、わかったつもりになって、結果、もっとも不利益を被るのは子どもなのですから。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


不必要な情報を収集してしまう恐れよりも、必要な情報を収集できないことを恐れるべきだ

当教室では、教育相談の面接での検査だけで、子ども理解を終わらせようとはしません。
相談システムを大幅に改変し、面接前までに、関係機関から様々な情報を収集し、生育歴についても予め保護者に書いて頂き、資料が全てそろった中で、相談当日を迎えるようにしました。
そうでなければ、必要な検査の選択ができないし、子どもの全体的な理解につながらないからです。(もちろん、情報収集は、原則として保護者の同意のもとで行います)
 
 不必要な情報も収集してしまうのではないかということを危惧するよりも、必要な情報を収集し落とすことの方が、はるかに問題です。 
 そして必要な情報かどうかの判断は、あとになって変わる可能性もあります。

 基本的な情報収集をしてから、面接当日に臨むことです。

 
 正確な支援につなげるためには、正確な子ども理解が必要です。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


検査の選択のためには、事前の情報が必要である

あそこへ検査に行けば、いろいろなことがわかる。
という前提をどのように崩していくか。
一番子どもと接している方の情報8割、検査2割。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


校内体制の前に、子ども理解を

関係者が一堂に会し、現状と過去を思い出しながらフリートーク。
「そんな背景があったのか」
その気づきだけで、校内委員会は、その目的の9割をクリアしているのでした。
見方が変われば、関わりが変わる。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


子ども理解が少しずつ

異動により、担当の子は全て初対面です。
前担当が残した記録や検査結果はあっても、実際に会ってみなければわからないし、学級担任に尋ねなければわかりません。
6月に入って、ようやく子どもの姿が見えてきました。
週の限られた時間の通級では、こうしたことがめずらしくありません。

個別の指導計画の策定がこれからです。

検査や専門用語の知識はあっても、その子を理解したことにはならない。

文字通り、初心に帰っています。

この期間は苦しいのだけれど、やはり通らなければならない期間です。

前回も書きましたが、それは新しい先生にとっても、経験の長い先生にとっても同じです。

仮説を立てて、出会って修正して、の繰り返しです。

検査だけで判断してはいけないし、特定の人のお話を聞くだけで判断してもいけない。

時に情報が膨大となることもありますが、何が必要な情報かがわかっていれば、情報の取捨選択はそれほど難しいことではありません。
むしろ情報が多いほど、矛盾した情報と出会う確率は高まるし、なぜ矛盾するのだろうと考えること自体が、子ども理解を深めることにつながります。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


検査は何をやったらいいですか

検査は何をやったらいいですか。

というご質問をいただくことがあります。
就学にあたって。
でもこういう質問をされる方は、すでにご存じのはず。

幼稚園や保育園で、いつ、どこで、どんな内容で、どれくらいの頻度と量の支援が必要なのか。支援を受けてきたのか。
検査と同じかそれ以上に、その情報が大切だったりします。
就学にあたって、支援の連続性が保障されることで、楽しい学校生活が送れますように。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


意外と見落とされやすい、椅子の高さ、座りごこちと特別支援教育



着席の姿勢が崩れ、椅子から前にずり落ちる子がいます。
本人も笑っているので、ふざけているように見えます。

でも、実は足腰の筋力や、バランスの関係で、姿勢の安定が難しいことがあります。
おしりが椅子から滑り落ちるわけです。
100均のマットを敷いて、無事解決。

机や椅子の高さがフィットしていなくても、姿勢が乱れることがあります。
脚が地にしっかりついて、膝が90度になるのが、ちょうど良い高さ。

特別支援教育以前に、こうした基本が整備されているかが重要ですね。

小1から小6、時に幼児や中学生の子も来室する私の指導室には、3種類の高さの机、椅子を常備しています。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


指導方法の前に子ども理解を

「○○障害の指導法を教えてください」
「読み書きの指導はどのようにしたらいいですか」
「一日5分でできる、発音の練習方法を教えてください」

こうした質問をよく受けます。
まず、誰かに質問する、ということ自体はとても歓迎されるべきことと思います。
ただ、相談の子どもについての情報がなければ、「指導方法」もお伝えすることは難しいです。
一般的な指導方法をお伝えしても、まずヒットする可能性は低いです。

「熱があります」という患者に、診察なしで「解熱剤を出しておきます」というのと同じです。
背景にある重大なことを見逃している可能性があります。

子どもの相談に応えるためには、子どもについての詳細なアセスメントが必要です。
アセスメントと言っても、WISCやK-ABCばかりとは限りません。
じっくりと行動観察すること、関係者から情報をいただくことも、立派なアセスメントです。

質問される方には、子どもの情報について抜け落ちている視点を私が提供させて頂くだけで、指導の手だてを自ら思いついて帰られる、ということが少なくありません。

「指導の手だては、子どものアセスメントの中にある」

ことばの教室を長く担当している先生や、特別支援教育士の資格を持つ人は、このことをしっかり学んでいるはずです。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***




忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***