忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

文字をとばして読むのは、眼球運動が稚拙だから?

文字をとばして読む、入れ替えて読むといった場合、眼球運動が稚拙なせいだから、視機能訓練をやろうという論調をよく聞きます。
当たっている場合もあるだろうけど、音韻分析能力やワーキングメモリ、覚醒水準、注意などが関与している場合も多いです。
何でも視機能じゃないですよ。

文字を読むときは、次に出てくるであろう文字を予測しながら読むし、さっき読んだ文字を記憶にとどめながら、今見た文字の音韻と結びつけて、単語を同定するという複雑な行程を通しているわけです。
逆唱とか、しりとりとかできますか?
できなくても読める子は居ますが、そこのアセスメントは大事。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

構音障害 問題1 自然改善について 著作から出題



YouTube構音障害 問題1
https://www.youtube.com/watch?v=P6GDR3SbytQ



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


「疑似体験」ならぬ「本体験」

『LD・ADHD児の心理的疑似体験プログラム』(日本LD学会、特別支援教育士資格認定協会)をやって欲しいという依頼が。せっかく印刷して用意したのに、開始一時間前に、丸ごと忘れてきたのに気づく。取りに行く時間もない。研修ができない最悪の事態に。「疑似体験」でなく「本体験」になったのでした。
データの入ったパソコンは持ってきていたので、急遽、コンビニでWi-Fi接続。ネット印刷サービスを使って印刷。最低限の研修はできたのでした。私は言いました。「忘れ物をさせないようにする指導も大事だけど、忘れたときにどう対応するかのスキルを育てることも大事」。身をもって受講者に伝えました。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


ええと、ええとが多くなり、会話に困っている2年生男児。


ええと、ええとが多くなり、会話に困っている2年生男児。
ええとが多い背景を5つ以上考えてください。
5つ以上で合格。
7つ以上なら有段者。
10個ならプロ。
なんちゃって。

表面的な話し言葉だけ見るのでなく、という研修テーマ。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


検査は、その結果の数値を伸ばすために行うのでなく


検査は、その結果の数値を伸ばすために行うのでなく、子どもへの支援の手がかりを検討するため、あるいは、苦手なところをつっつくためでなく、得意なところを伸ばすため、という検査倫理の基本をしっかりおさえておきたいものです。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


デジタル教科書

デジタル教科書は、この4月1日から法改正で合法化されました。
仮に、ノートから鉛筆から、全てを統一することで学力向上を図る
ということが理由で断るなら、
人権侵害であり、完全に違法ではないでしょうか。

実際、文房具の規格を全て統一したものを持たせることで
学力向上を図るという取り組みがあります。
気をつけるべきです。




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


子どもの「思い」に常に注目する。

子どもの「話し方」だけに注意を払うのでなく、
子どもの「思い」に常に注目する。
なぜそのことを話し始めたのか、
きっとお母さんが大好きで、学校はまだ不安で、
本当はもっと友達と遊びたくて、など。
そして友達や家族への日頃の本音が、
担当者に向かうことも。
その時に生じた担当者の感情も大事。



ツイッターはこちら。
https://twitter.com/yata11




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


ことばの教室で初対面の子に何をしたら良いか

その答えは、「法に触れなければ、何をしても良い」。
何をすべきかよりも、何かをしたときの子どもの反応をよく観察することだと思います。

もちろん、子どもと出会う前に、事前情報には目を通し、
配慮事項は守らなければなりません。

新しい先生に出会って、何をされるかわからない不安な気持ちで子どもが来室します。
ならば、できるだけ不安にならないように配慮することは最低限必要でしょう。

でも、何をすべきかに注意を注いでいると、子どもの行動を見逃してしまいがちです。

子どもの何気ない発言から、家族や学校での日常の背景や感情などが垣間見えます。
そこから会話を広げていく。

話し言葉だけに注目するのでなく、そのときの子どもの「思い」に常に注意を払うことだと思います。

ツイッターはこちら。
https://twitter.com/yata11

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


新人研修会 事例検討は、研修の王道 

4月12日(金)は新人研修会を主催。定員15名のところ、32名の先生方が集まりました。
一方的な知識の講義はほどほどに、今回は事例検討に力を入れました。
その方が身になると感じたからです。
たとえば、以下の通り。


事例B   
 Bさん。小学校1年生女児。自校。   
 夏休みを控え、学級担任はBさんの発音が気になりました。
「ライオン→ダイオン」、「ろうか」→「どうか」と発音し、文字に書いても同様に間違えました。
 しかし、「ラクダ」、「ろうそく」などは正しく、発音、書字ができていました。
 周りの子は、Bさんの発音を指摘することもなく、会話にも支障はないようでした。
 しかし、最近、保護者が心配している旨、連絡帳に書かれていました。
 学級担任もこのまま放置するのはかわいそうなので、ことばの教室に通わせたいと思い、保護者に勧めました。  
 すると保護者からも、通わせたい旨のお返事があったので、相談を打診してきました。  
 ことばの教室担当として、Bさんをどのように見立て、どのように対応したらよいでしょうか?


***

皆さんなら、どうしますか?

ツイッターはこちら。
https://twitter.com/yata11

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


事例検討。みなさん、熱心に議論。

事例検討。みなさん、熱心に議論。
問題行動ばかりに注目するのでなく、その背景、経緯を理解すること。学校の場面だけでなく、その子が一日の中で一番安心できる場所はどこかを考えること。「できる・できない」結果だけでなく、その子や周りの子にとっての思いを大切にすること。などなど、事例検討でなかなかか出てこない視点を提示させて頂きました。
ちょっと情緒的な解釈によりすぎたかもしれませんが、学校の先生が持ちにくい、「背景、経緯」の理解が、子どもの行動を理解する上では必須だと思い、提案させて頂きました。
 事例検討でもっとも大事なのは、子ども理解。
 事例提供者のお悩みは「方法」でしたが、まず子どもの背景や取り巻く環境、そして将来を展望した上での今、という視点で、多面的、総合的な子ども理解に議論が行けたのではないかと思います。
 ちょっと短い時間で盛りだくさんでしたが。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***




忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***