忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

構音だけでなく、子どもを多面的、総合的に理解する

構音に置換や歪みがあるから、構音障害、ではありません。

子どもや周囲が何に困っているのか、
子どもの今やおいたちを丁寧に理解し、
最も必要な支援を考える。

「諸先輩は、構音指導に力を入れてきた」
「だからその火を消さないで欲しい」
との主張を聞きます。

でも、私が学んだ諸先輩は、
子ども理解をもっと多面的に、総合的に、です。

もちろん、構音指導にうるさい先輩もいましたが、
そんな人ばかりではありませんでした。

火を消してはならないのは、特定の指導方法ではなくて、
子どもを多面的に理解すること。

ある地域の通級児童は、構音障害の率が、
他の地域に比べ高い。

それはなぜかと問いかけると、
「寒い地域だから、舌が緊張しやすく構音障害になりやすい」

では、シベリアの人とかは、
構音障害の発生率が高いのでしょうか?

これは簡単なからくり。
LDが流行し始めた頃に、LDの診断が急増し始めたのと同じ。
ADHDが流行し始めた頃に、ADHDの診断が急増したのと同じ。
診断側の知見に左右される事実。
だからこそ、いろいろな視点で子どもを見ていくこと。

構音障害はわかりやすい。
しかし、一番大事なのは、子どもの一見しただけではわからない側面。

これは通級指導だけではなく、
あらゆる教育の全ての場に必要なことだと思います。


私と言えば、構音障害を中心に指導しているイメージがあるかもしれません。
でも実際には、いろいろな子を担当しています。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

子ども理解が、実に貧しい。

「学習規律を整えたのに、学力が伸びない」という反省を見ました。
でも学習規律を整えただけで学力は伸びないだろうことは、
やる前からわかることではないでしょうか。
机の上の教科書の置き方、座り方、持ち物の統一などにとらわれて、
何の意味があったのでしょう。
支援が必要な子にとっては、重圧になっただけはないでしょうか。

よその実践をそのままコピーしてもだめなのですよね。

そして、学力をやはり平均点との比較だけで議論するのは
どれだけの意味があるのでしょうか。

子ども理解が、実に貧しい。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


検査結果は、個別の指導計画に反映されて、初めて意味がある

たとえば、WISC-Ⅳで言語理解の指標が高いのに、
ことばの教室でよく行われている
「ことば集め」
とか
「スリーヒントクイズ」
は、本当に必要でしょうか?

ワーキングメモリが平均域なのに、
3つの絵カードを取らせる訓練は必要でしょうか?
(もちろん、WISC-Ⅳのワーキングメモリは、
聴覚的にしか計っていないので、
絵カードをとらせるという動作が伴った場合は
どうかということはありますが。
また、WISCのそれは、無意味な音の羅列なのに対して、
絵カードは有意味刺激という違いはありますが。それにしても)


もちろん、WISCで全ての能力をはかれるわけではないですし、
下位検査間のバランスの問題はあるのですが。
それにしても、第一選択の指導は何かを検討するときに、
検査結果を考慮しないというのはどうなのでしょう。

せっかく検査したのに、指導記録ファイルに綴じられていないとか、
担当の先生の手元まで情報が届いていないとなると、
何のために、子どもに負担をかけて検査をしたのか
という話になります。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


長所を伸ばす「良いところカード」

「できないことを突っ込んで、できるようにする」
確かにそれも大事かもしれません。

でも、できることを伸ばす視点も重要。

「良いところカード」を実践したところ、

情緒が安定した
生活が穏やかになった
キレにくくなった
という効果が認められた子が何人もいます。

「良いところカード」とは、
通級担当、学級担任、保護者が気づいた子どもの良いところを
メモしていくものです。
三者でカードを回覧し、書き足していきます。

どんなささいなことでもかまいません。
「ゴミを拾ってくれた」
とか、
「温食のふたをしめてくれた」
など、なんでも。

他の方が書いたものを読んであげると、
うれしそうにする子がいます。

大人は良いところを見つけようと心がけて生活するので、
実は大人の子どもへの見方の変容の効果もあると思われます。

「うちの子にはよいところがない」
と嘆く親御さんにも、親子関係の改善を期待。

テストの点数が低いと言われ、
子どもが否定的に評価され続ける雰囲気の世の中に
一石を投じる効果もあるかも??。

失敗から学ぶことは難しく、成功から学ぶ方がうまくいく子がいます。
そのつもりがなくて行動したことでも、
結果として良い行動であれば、
それを支持することで、
行動が強化される子がいます。

ストレングス(強み)を活かした指導をめざしたいと思っています。


「6秒間深呼吸して、アンガ-マネジメント」
という実践もあるのでしょうが、
そもそもキレやすさの背景には、
孤独感、挫折感、自己否定感などの感情が鬱積しているわけです。
そこへのアプローチなしに、小手先のアンガ-マネジメントはないのでは、
と思っています。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


乳幼児期の「ことば」

某子育て支援施設からの講演依頼がありました。
説明文を依頼されたので、3通り作ってみました。



「ことばを育てる」というと、絵カードを見せて言わせるなど
クンレンするイメージがあるかもしれません。
でも「ことば」の育ちにもっとも大切なのは、
「楽しさ、安心感」
遊びや会話を通して、「ことば」を育てていきましょう。


「うちの子、ことばがおそいのかしら」
他の子と比べて、気になることがあるかもしれません。
でも、子どもの育ちには個人差があります。
「この育て方は正しいのかしら」
その答えの全ては「子どもに笑顔があるか」です。


「これは、コップだよ。コップ! コップ!」と
教えても、ことばはなかなか伸びません。
「お客様、ジュースでございます。
きれいな『コップ』に入れました」
などと、ごっこ遊びで、ことばを育てましょう。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


ことばの教室だからと言って、構音指導をいつまでも続けるのは、その子の利益になるのか。

困り感もなく、発話明瞭度も問題ない子に、
わずかな歪みを理由に、いつまでも構音指導を続けるのは、
果たして子どもの利益につながっているのでしょうか?

確かに、練習を続けないと、もとに戻ってしまう事例もあるし、
今は困り感がなくても、思春期以降に困り感が出てくるので、
小学生のうちにという場合もあるでしょう。

しかし、明らかに問題無いレベルなのに、と思うこともしばしばです。

構音指導をしてくれるのは、ことばの教室しかない、というのは確かです。
でもそれは直接的な構音指導の場合であって、間接的な指導は
ことばの教室でなくてもよいわけです。
つまり、子どもの育ちに合わせて構音も発達していくと見込まれる場合です。

構音だけでなく、子どもの全体を多面的、総合的に理解する力を
つけていくことが必要です。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


通級指導は「あれも、これも」でなく、「あれか、これか」

発音、吃音、コミュにケーション、LDなどと、
一人のお子さんを巡って多様な支援が必要な時。

週の限られた時間に、全てをフォローするのは不可能です。
指導内容をどう絞り込むか、そのためには優先順位をどう判断するか、
が大切です。

「あれも、これも」でなく、「あれか、これか」の選択です。

選択のためには、
通級指導によって効果があるのか、
自然改善の余地はないか、
一つの指導方針が、他の力にまで波及することをねらえないか、
などを検討していきます。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


子育ては、何かの基準に合わせるのでなく、子どもの育ちに寄り添うこと

どうも最近、子どものペースに合わせるのでなく、何かの基準に合わせて子どもたちの能力を伸ばす、というところに意識が行き過ぎていないかということを懸念します。
 確かに子どもたちの能力を最大限に伸ばすということは大事です。
 ただ子どもの育ちは一人一人違っていて、子どものペースに合わせることも大事なんだと思います。
 その子、その子によって、分かってくる時期が違うのが実際であって、それを教え込むことで身につけさせるというアプローチが、そもそも合っていない場合もあるように思います。
 「育てる」のではなく「育ちを支える」という視点がもっと大切にされるべきだと思っています。




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


発達障害のある人は感覚にアンバランスがあると言いますが、

私もそうです。

掃除機の音が嫌です。
メーカーにもよるのが不思議ですが。
こまかくたたく音もダメです。

喫茶店で複数の人がしゃべっていると、とても
聞き取りにくいです。
これは、耳が病気になる前からのこと。
他の人は、なんで聞き分けられるのだろうと思っていました。

そして、外の景色がまぶしくて目が痛い。

当たり前のようですし、眼科では器質的な問題はないと
言われましたが。

しかし、小さい頃の写真を見ると、
外ではいつも目を細めていたこと(視力は良い)、
サングラスをすることで、見え方がとても楽になって
情報が得やすくなったことなどから、
やはり見え方にも他の方とは違う特性があるのでは
と思うようになりました。

こうしたことは、そういう情報(研究)に触れて、
初めて気がつくことですね。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


個別の指導計画は

個別の指導計画は、

1)子どもの実態に基づいていること
2)達成可能な目標設定であること
3)指導者側の視点ではなく、子どもの側の視点で書くこと、

など基本的なことが守られているか、に尽きると思っています。

お題目ではないし、格好をつけなくていいし、
リアリズムでいい。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***




忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***