忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
[12/21 赤根 修]
[12/17 ku]
バーコード
アクセス解析
[1454]  [1453]  [1452]  [1451]  [1450]  [1449]  [1448]  [1447]  [1446]  [1444]  [1443

人生経験だけでは、通級指導の担当はできない

・場面緘黙のある子に、「家では話せるのに、どうして学校では話せないのだと思う?」と問う。
・難聴のある子に、一音ずつ区切って、大声で話しかける。
・イ列音が一貫して歪みのある子に、正音をひたすら聞かせて、正しく発音させようとする・・・。

これらは全て誤った対応です。
基礎知識があれば、回避できる誤りです。

通級を初めて担当する先生に、「知識を学ぶより、人生経験を積め」とアドバイスする「ベテラン」がおられるようですが・・・。

確かに教師に人生経験は大切です。
豊かな人生を経験した方が、もしかすると、若いときに悪さをいっぱいした先生の方が、深み、幅があっていい、と感じることが多々あります。

しかし、人生経験だけでは、上記のような誤った対応は防げません。

知識と技術も、人生経験と同じように大切なのです。

だから、新人への基礎研修は、ベテランの先生が保障しなければなりません。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

Comment
がんばってほしいです
きっと今ごろ、新しい先生方が目の前の子どもを相手に、がんばってくれていると思います。どうか、ya先生のエールが届きいますように(^^)
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***