忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
[12/21 赤根 修]
[12/17 ku]
バーコード
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

冬季 自主研修会

今回は、ケース会議と、WISC-4、KABC-2の解釈(超初級編)を含めた教育相談の進め方、という盛りだくさんな内容になりました。

参加希望者は、会員よりも、非会員の方が多い状態です。

検査の解釈にあっては、
1)検査の倫理についての再確認
2)こう解釈してはいけない例
を中心にしようかと考えています。

また、教育相談は、「審査」の場ではなく、「協働」の場であることも。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

自主研修会3日目

今日は3本のケースレポート検討でした。

「どんな指導方法」の前に、「どんな子」から始めるケース検討。

そして今日はさらに、
「この子の障害の教育的判断は何ですか?」
を考えて頂くことを意識してみました。

もちろん、教育、療育に従事する者は、障害の診断はできませんが、
おおよその支援の方向性を定める必要はあります。
支援のための「教育的判断」であって、ラベリングとは違います。

また、障害を判断するためには、データがそろっていなければなりません。
判断のために欠けている情報は何か、ということを必然的に検討することになります。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


自主研修会2日目 ケース会議とPVT-R実技研修

PVT-R(絵画語い発達検査)は、子どもの語い力を測る検査で、短時間でできるのが特徴です。
その後の詳しい検査を行うための導入的な使い方をします。

今回の研修では、「検査の仕方」の前に、理論的な部分の説明をしました。
つまり、「再実施の時の信頼性係数」など。

この検査はよく行ったことがあるが、統計的なことは知らなかったという方がいました。

どんな検査でも、背景理論と統計学に基づいた信頼性の検討は大切です。
数値だけでは判断してはいけない理由は、ここにもあります。

だから、初めにこの説明をしてよかったです。


ケース会議では、構音から学習、そのほかのことまで、幅広く議論されました。

専門職のパラメディカルの方も見えて、多視点で検討できました。

また、誘ってほしいというアンケートが多数ありました。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


自主研修会3日目 WISC-4実技研修会

通級担当、特別支援学級担任、特別支援学校担任、パラメディカルの方も集まり、WISC-4の実技研修会でした。

WISC-4は、一般の人にその内容を開示してはいけないのですが、資格がなくても学校では買えてしまいます。
買えてしまう以上、その職場の先生方には、理論と実技の正確なところをお伝えし、研修を深める環境を用意するのが、特別支援教育士の役目だと思います。

はじめにWISC-3からの変更点を説明しました。
言語性IQ、動作性IQの廃止、それらよりも群指数が大事だと言われていたこと。
「知覚統合」→「知覚推理」、「注意記憶」→「ワーキングメモリ」の名称変更は、単に名前が変わったのではなくて、哲学が変わったものであること。

標準化された知能検査は、たとえば学習障害の判断のためには必須であること。
(これは、『教育支援資料』(文部科学省、H25.10)にも明記されています)
逆に言えば、標準化されていない検査では、検査の妥当性、信頼性に問題があり、「学習障害」の教育的判断の根拠に問題が生じます。

下位検査ではたとえば、「絵画配列」の廃止を惜しむ声が聞かれるが、「系列化処理能力」を測っているという証拠がないことや、文化的な背景が関与するなどの理由のために廃止されたこと。などなど。

少なくとも特別支援教育士は、古い検査ではなく、新しい検査を使用することが求められていることを説明しました。
WISC-3日本語版は、1991年にできたので、今使うと、23年前の子どもとの比較になるわけです。

このあと、実際の実技を行いました。
標準化された検査で、我流は許されません。
細かい点でも、誤った使用の仕方があれば、指摘させて頂きました。

これ以上はブログには書けません。

最後に解釈を説明しましたが、理解は難しいですね。
統計学や心理学の知識が必要になります。

ただこだわったのは、日常の行動観察の情報、生育歴情報と付け合わせて解釈すること。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


自主研修会2日目  理学療法士とコラボした専門性の高いケース会議




今日は、ケース会議でした。


特別支援学校の理学療法士の先生にもご参加頂き、その話の内容に目から鱗でした。
専門性のある方のお話は、本当に知的好奇心を刺激されます。
排泄と腹筋、座位姿勢、力の入れ方、社会性、手指の発達、補助具の意味などなど。


知識が増えることで、子どもたちの困り感にフィットした支援につながるのは、とても素敵なことです。
こうした先生が普通学校にも入れるようになってほしいものです。


STとPTとのコラボで、今日のケース会議は深みと専門性の香り高い研修会になりました。
多職種で、一人の子のことをこんなに掘り下げて検討するわけです。
これが、ほかの子にも日常的にできるようになるといいですね。
時間的、人的制約は著しいですが。


ケースレポートも5年もやっていると、本当に質が上がっています。
アセスメントレベルが向上しています。
自主研修会に長く参加されている先生のレポートを見ると、本当に力がついている、と実感できます。

アセスメントがしっかりしていないと、指導の手立てもフィットしません。
ここを軽視していると、指導の手立ては、刹那的な思いつきの次元を克服できないのです。
「教材紹介」の次元。
子どもの実態がどうで、何をねらってその教材をどのように使うのか。
その議論が抜けた指導は、単なるお遊びに過ぎません。


明日はWISC-4実技研修会です。
今まででより、より解釈に力を入れます。
でも、学説的な話になるので、ちょっと難しいでしょう。
WISC-3の研修を別のところで受けた先生も参加します。
せっかくなので、3と4との比較も徹底的に説明します。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


臨床研修会 ケース会議1日目


音声言語の表出は難しいが、医療機関のSTと連携しながら、拡大・代替コミュニケーション手段を活用した事例発表。すばらしい。「ことば」は音声言語だけでなく、多様な方法があります。音声言語を出させることにこだわるのでなく、むしろ他の方法により、「要求」を育てること。コミュニケーションの出発点は「要求」ですね。



多様な支援のニーズのあるケースで、週1回の通級による支援が妥当なのかという事例もいくつかありました。
限られた条件の中で、通級担当が苦戦している様子がうかがわれました。
限られた時間、条件では、「発達の偏りを埋める」というような「ボトムアップの指導」ではなく、生活自立に必要なことをピンポイントで指導する「トップダウンの指導」が重要になってきます。


NCプログラムなどの簡易な方法だけでの判断は危険であり、標準化された検査を活用して、より適切な支援の枠組みを検討していくことが望まれます。福祉などの多方面にわたる支援が必要と思われるケースもあり、他職種に通用する検査法、アセスメントの枠組みが求められます。小学校の時のアセスメントが、成人以降の生活自立のあり方に結びつくこともあるわけで、それだけ責任は大きいです。


アセスメントの基本は、


・行動観察
・標準化された検査
・生育歴


この3つがそろわなければなりません。



側音化構音の指導のあり方。音の指導順序、舌の脱力の重要性などが議論されました。基本に忠実に、です。


4 
最新の、複数の検査のバッテリーを組んだ事例発表。矛盾する数値をどう解釈するかが、支援のヒントにつながります。
障害についてや、薬、行動などの基礎知識を持ち合わせて、初めて子どもに対面できます。
行動観察や支援の進め方がすばらしい。検査時の行動観察がすばらしい。



クリスマスの翌日にもかかわらず、集まってくださった先生方に拍手です。


ちなみに今回の臨床研修会では、当地域の研究協議団体の取り組み、「新しい先生のための旅費措置事業」に該当しました。
レポート提出を条件に出張扱いで旅費が措置されます。


http://kotobaroom.blog.shinobi.jp/Entry/252/
構音の指導研修DVD頒布受付中 ~2014年1月10日まで



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


冬季 自主研修会決定

12月26日(木)ケース会議
1月15日(水)ケース会議
1月16日(木)WISC-Ⅳ 実技研修

そのほか、「新しい先生のための旅費措置事業」を使って、OJTに近い実技とケース会議のための派遣

これだけがんばっている(お互いに)のだから、研修を受けた先生、長く担当してほしい。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


2013年度冬季 臨床研修会(自主研修会)実施要領

臨床研修会(自主研修会)実施要項
  平成25年10月18日  臨床研修会呼びかけ人(ya、○○、○○)


1 主旨

(1) ことばの教室、通級指導教室の新しい担当者を含め、研究協議などを行うことで、地域の言語障害教育、通級指導の教育の質の向上を図る。
(2) 通級担当以外の関心のある方とも交流を深め、特別支援教育における地域の連携に寄与する。


2 主催 ○○言語障害児教育研究協議会


3 対象 ○○言協会員、および特別支援教育に関心のある方


4 期日 冬季休業日 平成25年12月26日(木)~平成26年1月17日(金)のいずれか
 (アンケート等により決定。今回は最大3日に限定します。希望に沿わない場合があります)


5 日程  個人研修(相談。要予約)、資料閲覧
        8:00~ 9:00、16:00~17:00
      ケース会議  
        9:00~16:00 


6 場所  ※3名以上を集めれば、講師自ら希望先に出張します。(管内)


7 内容  ケース会議(ケースの内容により、基礎講座を企画します)
      基礎講座の希望(ただし今回は、あなたのレポートで扱う内容と関連しているものに限定します。なお、WISC-Ⅳ講座希望の場合は、職場に器材がある方に限定。また用紙代900円を申し受けます)


8 講師・助言者 ya(某小学校ことばの教室)


9 会費 ○○言協会員:無料、非会員:300円


10 定員 最低開催人数3名(多人数の場合は、2日日程に分ける等する)


11 用意するもの 
○A4サイズの簡単な事例ケースポート1枚×人数分
 ※今回はレポート提出を原則とします。○○言協で用いたレポートをそのまま使って頂いてもかまいません。メンバーが替わると議論も変わるでしょう。ただし、通級担当の場合、「学級担任からの情報」は必ず付加してください。レポートは別紙様式を参考にし、保護者の同意を得る。

○飲食物(ご自分用の昼食、飲み物などは各自ご用意ください)


12 申し込み方法 別紙に記入し、12月2日(月)までFAX送信する。


13 その他
(1)昼食は各自用意または外食で。
(2)職員派遣依頼の公文書は、日程の決定後に改めて会長名で送付する。(発送郵券代節約のため、メールでの送付に同意の方は該当欄にメルアドを記載)
(3)本事業収入は、○○言協会計の収入とする。
(4)吹雪や事故等で開催が中止になった場合は、呼びかけ人から教室代表へ連絡する。教室代表は、各教室職員に連絡して頂く。
(5)本事業は、○○言協会則第9条、および臨床研修会細則に基づく。また「新しい先生のための旅費措置事業」対象事業に該当する。(講師出張の旅費も対象)


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


自主研修会 構音の評価と指導、ケース会議

今日は、ことばの教室の先生よりも、他の学級、校種からの参加が多く見られました。
特別支援学級、通常学級、特別支援学校の先生方です。
元ことばの教室の先生方も2名来て下さり、過去の自主研修会からのご縁が続いていることをありがたく思いました。
やってよかったと思える瞬間です。

構音の講座では、先日の言難ABCの内容を少しアレンジし、音声サンプルは市販のものを用いました。
そして『ことばのテスト絵本』を用いた構音検査の実技を重視しました。
もうすぐ就学時健診が始まり、構音検査のニーズが高まっていることや、指導方法の前に、構音がきちんと評価できなければならないことが、重視した理由です。

実技では、私がサンプル音声をその場で発音して、評価してもらったのですが、置き換えのサンプル提示のつもりが、歪みとして聴取した先生が何人もいらして、実は自分も歪みがあるのかなあと思ってしまいました。

置き換えと歪みとの鑑別は重要であること、選別検査の場合は、掘り下げて、その鑑別を確かな物にしていくことが大事であること、鑑別のコツとしては、障害音と近似している正音とを交互に言わせてみること、構音の評価は、「聞いて、見て、触って」が大事であることを説明しました。

午後のケース会議では、元ことばの教室の先生の発表は、やはり通級担当時の研修が今にも生きていると思いました。

そして、臨採の先生のケースレポートは、正確、かつ多視点でまとめてあり、まるでベテランと思うぐらいでした。
こうした先生が増えてほしいです。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


教育相談実技研と、ケース会議

今日は、教育相談の実技と、ケース会議をしました。相談申込み様式を読んで、保護者面接の際に必要なことは何か、子どもにはどんな視点で接し、検査する場合は、検査の選択についても話し合うことになります。架空の事例をもとに、グループディスカッションをしていただきました。その結果、子どもを理解するには、現在の困り感の背景に何があるのか、どういった条件でその状態になるのか、を見ていくことが大事であることが発表され、そして生育歴情報や標準化された検査が必要であることが、理屈でなく、実感できたように思われました。

午後のケース会議では、ご自身が子どもの頃、通級指導を受けたご経験のあるお話も頂き、当時者の気持ちに寄り添うことの重要性を感じさせて頂きました。
また、構音の事例では、その子の障害音だけでなく、他の音も含めて全体的に評価すること、そのためには、発音記号で考えること。

そして心理に課題のあるお子さんの事例では、改善を焦るのでなく、状態を周りがまるごと受け入れることによって、自己否定感を軽減できるだろうという話し合いになりました。




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***




忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***