忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
03 2015/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
13 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
[12/21 赤根 修]
[12/17 ku]
[12/11 流]
[12/07 赤根 修]
[12/03 ryo]
[11/24 ブラウン]
[10/12 あい]
[09/26 赤根 修]
[09/23 赤根 修]
[09/16 board]
[09/07 metabo]
[09/07 ako]
[09/05 miki]
バーコード
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

講師を断る毎日

最近、毎日のように講師依頼が来ます。

基本、夏休みにお願いしています。
夏休みでは人が集まらないというなら、家庭の事情もあるでしょうけれど、
夏休みでも集まって勉強したいという方々の集まりでないと、
遠出する意味が、私自身にもないわけです。

研修担当の先生が、毎年講師を呼んでいる流れを受けて、今年も誰かいないか、と探す事情はよくわかりますが。

ただ、私はこの道のために、たくさんの休日と、60万円の私費を投じました。
東京で2週間ホテル住まいしたり、何度も飛行機で出向きました。

自宅を研修会場にして、仲間を呼んで、ネットスクーリングの運営協力もしました。

一方では、現場の超多忙化のため、専門書の一冊も読む時間がとれない。
研修の問題の焦点は、実はそこにあるように思えます。
各自が研修で自立できない職場環境なのです。

もう一つは人事の問題。
何年か経験したら通常学級に行ってしまう。
あれだけ一生懸命研修した意味はなんだったのか。
また一からのやり直し。

もうやめにしませんか、こんなばかげた人事。
いくら研修をがんばっても、むなしい結果に。

WISCができる通常学級担任、WISCがわからない通級担当。
そんなこっけいな。

人事交流で研修になるという方もいますが、
昨日まで皮膚科だった先生が、病院の都合で今日から脳外科ですという医師に、
あなたは自分の脳手術を委ねられますか?

学校の論理でなく、教育サービスを受ける側の論理で考えて欲しい。

私は私費を投じてでも勉強したいという新しい先生には、いくらでも協力します。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

インクルーシブ教育は、分離教育に対するアンチテーゼではない

分離教育のアンチテーゼは、統合教育(インテグレーション教育)です。

インクルーシブ教育は、分離教育でも、統合教育でもない。

だから、特別支援学級や、特別支援学校の存在も、インクルーシブ教育に反するどころか、
子どもの能力を最大限にのばすための必要な環境として、用意される場合もあるということ。

一人一人の違いに合わせると言うことであって、子どもの能力を無視して、ずっとみんなと同じ席に座っていればよい、ということではない。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


本人に聞く

担任や管理職、専門職の方々に意見を聞いて頂いているようなのですが、
肝心の本人に意見を聞いていないとすれば・・・。

そのような支援、配慮を本人が必要としているのか、
逆に一段と強い支援を本当は必要としているのか。

本人に意見表明の能力があって、自分で自分のことを有る程度
とらえられないと難しいかもしれませんが、
明らかに本人に聞いた方がよいと思われるケースがあります。
ことばの教室では本音を話してくれたりします。
それを在籍校にフィードバックはしてみるのですが・・・。

よかれと思っていることでも、
だれのための特別支援教育なのかを。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


人生経験だけでは、通級指導の担当はできない

・場面緘黙のある子に、「家では話せるのに、どうして学校では話せないのだと思う?」と問う。
・難聴のある子に、一音ずつ区切って、大声で話しかける。
・イ列音が一貫して歪みのある子に、正音をひたすら聞かせて、正しく発音させようとする・・・。

これらは全て誤った対応です。
基礎知識があれば、回避できる誤りです。

通級を初めて担当する先生に、「知識を学ぶより、人生経験を積め」とアドバイスする「ベテラン」がおられるようですが・・・。

確かに教師に人生経験は大切です。
豊かな人生を経験した方が、もしかすると、若いときに悪さをいっぱいした先生の方が、深み、幅があっていい、と感じることが多々あります。

しかし、人生経験だけでは、上記のような誤った対応は防げません。

知識と技術も、人生経験と同じように大切なのです。

だから、新人への基礎研修は、ベテランの先生が保障しなければなりません。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


ことばの教室担当資格認定協会

教育相談の進め方で、適切なのはどれか。

1.構音障害が主訴の場合は、乳幼児期などの生育歴情報は必ずしも必要ない。

2.保護者の心配が過剰な場合は、「心配ありません」と否定して終わる。

3.調査票で「こだわりが強い」に○がついているときは、「それはたとえばどのよう
なことですか?」と掘り下げて質問してみる。

4.時間的、物理的に通級が不可能であっても、まずは通級を勧める。

5.検査が終わっていなくても、保護者にはとりあえず具体的な教材名を伝える。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


「表現力」の前に「自分の気持ちを知る」

ことばの教室だから、言語表現力をのばす、という方向へ行きがちですが。

困ったときに人に伝えられないから、伝えられる練習をの前に、
自分はどう感じたのか、その気持ちのやりとりが大事。

お母さんをぎゅっと抱きしめるなら、その表現力をこそとりあげるべき。

子どもが「言うべきセリフ」の意図的な代弁は、プレッシャーを与えることにも。

表現できないということは、プラスに言えば、リスク管理ができているということ。
じっと観察する力があるということ。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


校務の効率化

この一年で、校務に対して思い切った合理化を進めました。

1 パソコンのデータをUSB外付けハードディスクから、ネットワーク上のハードディスクへ一元化(新規購入し、ことばの教室の先生しかアクセスできない設定に)

2 各種公文書を種類ごとに綴じ込むのでなく、子どもの指導記録などと一緒に綴じ込む。
子どもごとに、各情報が集約されるようにした。
(あとから、この子どんな子だったか、となったときに、各種文書ファイルに散らばっているのでは、情報として使えないわけです)

3 補欠授業の積極的なお断り
 ことばの教室担当者の本務は、通級指導です。
 スキー授業の補助や、欠勤した先生の補欠授業の声かけが、まず教室に来る体制に大変驚きました。通級担当は補欠要員ではありません。
 ことばの教室を休みにするときは、通常学級の先生が補欠に入ってくれるのでしょうか?
 逆はできないのに、本務をないがしろにしてまで、補欠を受けること自体、通級する子の学習権を侵していることに他なりません。
 通級指導の「空き時間」は今やほとんどありません。
 あったとしても、担当ケースの子どもについて資料を読み返したり、専門書に当たる時間、先輩教師の指導を見る時間とする、保護者と面談する時間にあてるなど、通級の本務に関する業務を行う時間とすべきです。


今後の効率化

1 指導時間数の自動計算
 今日ほど、通級指導時間の確保が教育行政から厳しくチェックされる時代はありませんでした。
 その記録をとり、データを管理するだけでも、膨大な作業になります。
 少しでも事務の負担を軽減するため、効率化をめざします。
 (休日なのに、その作成に当たっています。ほかの先生を楽にするために、私は休日をつぶすというのはどういう矛盾? でも一度作れば、何年でも使えます)

2 係分担の効率化
 この業務はいいことだ、とばかりに、付け足し付け足しで肥大化したのが、これまでの係分担でした。一年たって、結局全体としてどれだけの係があったのか把握しきれないまま終わりました。もっとシンプルに、内容的に関連している係は統合するなどしてすっきりさせました。

3 教室運営計画を子ども目線で
 校長以下、指示命令系統のフローチャートではなく、子どもを中心としたフローチャートへ。
 「運営方針」だのお題目は不要であり、それよりも、「教育相談へのつながり方、進め方」「通級妥当、終了の判断基準」など、「使える教室経営要項」を目指します。


  

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


この春、構音の指導研修DVDのご注文を頂いた方へ

年度替わりで、ことばの教室を初めて担当されるということで、
この時期、ご注文メールを何通か頂いています。
直接お返事できておらず申し訳ありません。
現在は受け付けておりません。

私自身も時間的な余裕ができない状態です。
次回の頒布は未定です。
そろそろ内容的にも見直さなければいけないと思っています。

次回頒布までの間、以下のページがとても参考になりますので、
ぜひごらんください。

ネットで学ぶ発音教室
(国立特別支援教育総合研究所)
http://forum.nise.go.jp/kotoba/htdocs/




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


タブレット技術もさることながら、教育学的にもよくできている

某民間のタブレット教材をあるご家庭から見せて頂きました。

ひらがなの書字では、フリーのアプリと比べて、確かに、運筆の動きを正確に評価しています。
課題もよく分析されていて、スモールステップを丁寧に組んでいます。
認知心理学的、運動力学的な視点でよく作り込んでいます。

LD、ADHD等の子どもにも確かに楽しんで勉強できるに違いありません。

ただ感心したのは技術だけではありません。

1 決して「×」をつけない。
→課題の達成度は4段階評価になっていて、最高が花丸、最低は「×」ではなく、キャラクターの澄まし顔。決して否定的な評価をしていません。また、達成できなかった課題は、繰り返しチャレンジできるようになっています。

2 電源を入れただけでほめられる
→ADHDの子に、「ちゃんと座りなさい」としつこく指示する前に、ちょっと座れただけでもほめる、という教科書的な関わりがありますが、まさにそれです。
まだ課題を始めていないのに、取り組み姿勢を見せただけでほめられるのです。
その後も、次々とほめられます。応用行動分析の連続的即時強化です。

3 取り組み状況がメールで送られる。
→今日の取り組み時間、課題達成の状況などがデータで送られてきます。
夜忙しい保護者も、メールで子どもの様子がわかり、メールでやりとりすることもできます。
時代をうまくとらえています。

4 ネーミングが子どもの感性をよく研究している
「学校」のことを「学校さん」と名付けて、擬人化して登場させています。
入学を控えた子どもの不安が一気にゆるむかのようです。


かなり学問的に練られて作り上げられていると感じます。
公的機関は危機ですね。
タブレットの学校普及率はまだまだ。
独自に購入しようとしたら、決まりがあって買うこともできない。
だから、教師が個人で買って学校で使っている例も多いのです。
私もその一人です。

外国では、今や知能検査もタブレットでする時代なのですが。

そして、一人で教材研究して作ることに、むなしささえ感じました。
でもアナログはアナログで大事です。
リアルに大人にほめてもらえる体験が得られにくくなっている代償として、タブレットなり、メールなりが台頭してきているという面も。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


「ごっこ遊び」は、人生経験だけでできるものではない。遊びには技術も必要

「ただ遊んでいるだけ」
と、ことばの教室の指導を揶揄する論調が見られることがありますが。

指導場面のビデオを見て、
子どもの反応と教室の関わりの視点についての説明を受け、
もう一度、同じビデオを見ると、

2回目には全く違うビデオを見ているかのように感じた
という感想が見られることがあります。


ごっご遊びの中で、さりげなく支援者は、
子どもの気持ちや行動を言語化して返してあげたり、
子どもの遊びの世界に入り込んで、双方向のコミュニケーションを育てようとしたり、
プラレールに少しずつ大人の視点を入れていって、社会性の参照と模倣につなげたり。
(たとえば、列車を走らせて終わりだった遊びから、切符を買い、改札を通ってなどの「やりとり」に発展させていく。お金を登場させれば、数概念の指導にも)

子どもの行動の裏の意図を細かくとらえて返す力量が支援者には必要です。

漫才のように、子どもの行動につっこみを入れて、支援者がひとりで喜んでいる指導を見ることがありますが、これは遊びでも何でもない。
支援者の自己満足にすぎません。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***




忍者ブログ [PR]医師求人 個人ローン
graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***