忍者ブログ

プロフィール

もくじ

ブログ内検索

カレンダー

09 2014/10 11
S M T W T F S
2 3
23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[09/16 board]
[09/07 metabo]
[09/07 ako]
[09/05 miki]
[09/02 miki]
[08/14 赤根 修]
[08/01 ya]
[07/29 コーディ]
[07/28 ya]
[07/28 コーディ]
[07/19 マドンナ]
[07/13 miki]
[07/10 ako]
[07/09 赤根 修]
[07/03 赤根 修]
[06/20 ひっかかりを感じたものより]
[06/17 mijyuku]
[06/12 赤根 修]
[06/10 赤根 修]
[06/09 Kし]
[06/09 kし]
[06/02 ako]
[05/31 metabo]
[05/31 metabo]
[05/18 あっちゃん先生]

バーコード

RSS

アクセス解析

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

ところ変われば、やり方も変わる

それはそうです。
でも根拠が薄い、違法の疑いのある判断については・・・。
行政も含めて、研修をしないと。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

恐怖で人をコントロールしても

そのシステムは、いつか崩壊する。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


健診のあり方に大ナタを

古い学説に基づく要項、様式はすべて見直し。

学術的根拠の薄い前例踏襲は、徹底して見直し、改変、廃止します。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


将来どうなっちゃう不安

今の小さな喜びを一つずつ積み上げていこう。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


「手先が不器用」は通級対象になるか

答え
なりません。
不器用であること「によって」、どんな困り感が出現しているかがポイントです。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


「眼球運動が苦手」な子は、通級対象になるか

答え
その情報だけでは、通級措置判断はできません。
通級対象については、学校教育法施行規則で8つの障害を規定しています。
そのいずれの障害に該当するのか、「眼球運動の苦手さ」だけでは判断できません。
眼球運動が苦手なこと「によって」、どんな困り感が出現しているかが重要です。

読字に困難が現れているなら、「言語障害」ではなく「学習障害」を疑います。
学習障害と判断するには、前述の条件が必要です。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


「音韻分析能力が弱い子」は通級対象になるか

答え
その情報だけでは、措置できません。
音韻分析が弱いことに「よって」、どのような困り感が現れているかが大事です。
先生の話を短期記憶できない、書字が困難、読みが困難など、具体的な様子の情報がまず必要です。
その上で、読み書きの困難が主たる問題の場合は、「言語障害」ではなく「学習障害」にカテゴライズされます。

学習障害と判断するには、前述の通り
1)標準化された個別的知能検査
2)学習能力の評価
が必要です。

その際、難聴、情緒障害、自閉症、ADHDなどの他の障害が背景にないかをアセスメントすることも必要です。

先生の説明、指示を端的に、短く、などの通常学級での指導の工夫で足りる場合も多くあることに十分留意する必要があります。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


ラ行をダ行に発音の誤りがある子は、特別支援学級(言語障害)の対象になるか

答え
特別支援学級(言語障害)の措置については、文部科学省通知にあるように
「その程度が著しい者」
とされています。
ラ行、ダ行の構音の誤りは低学年ではよくある話です。
その際「発話明瞭度」が大事です。
聞き手にとって、「たまにわからない語がある程度(2度)田口」
ならば、「その程度が著しい程度」と評価できるのか、疑いがあります。

通級の対象にはなり得ても、特別支援学級(言語障害)の措置判断となるかは微妙です。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


発音に誤りはないが、「らくだ」を「だくだ」と書字する子は通級対象になるか

答え
その情報だけでは通級措置できません。
聴覚的弁別の弱さがあっても、構音は既に改善しています。
誤学習の結果の書字の誤りとしても、日常の学習での書字の改善をまず見るべきです。
少なくとも、この情報だけでは「言語障害」の判断は無理です。
学習障害が背景にあることを疑うなら、
1)全般的な知能水準に遅れがないことを説明するため、標準化された個別的知能検査は必須
2)学力が2標準偏差、低学年で1学年分、高学年で2学年分の遅れがあることが説明される必要があります。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


口べたですが、人が好き

を育てるのが、ことばの教室なのでは。

文法や語いを育てるのも大事。
でも、
「人が好き」
の土台部分が視点から抜けていないか。

音声言語の「聞く、話す」だけを「治す」関わりは、
子どもをロボットとしてしか見ていない証拠。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***




忍者ブログ [PR]地デジ 生命保険
graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***