忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
[12/21 赤根 修]
[12/17 ku]
バーコード
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

「コミュニケーションに問題は無い」

「会話できるから、コミュニケーションに問題は無い」

学習面や行動面に比べ、コミュニケーションのつまずきは発見されにくい。

「双方向性があること」

これがコミュニケションの要点。

実は、「大勢の中で、誰がだれにしゃべっているのかわからない」
ということにも気づかれにくい。

単純な言語理解能力とか、注意の問題とか、根性とか、
信頼関係、性格の問題と捉えられやすい。
家族でさえも気づきにくい、という印象。

実はことばの裏の意味、暗黙知、ニュアンスの理解の問題。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

研修レポート  臨床研修会 事例検討会

今回は、事前にレポートを助言者に送って頂き、内容を交流してから当日に臨みました。
 事例検討の質を高めていくためです。
 事前検討時に提案させて頂いたのは、たとえば、以下のことでした。

1 
「指導の経過」の欄には、項目の羅列ではなく、主訴や話し合って欲しいことの内容を主に詳しく書くと良い。


検査法は、主訴や実態に合わせて適切なものを選ぶ。社会的コミュニケーションの状況を理解するためには、そのための検査も用意されている。言語発達を測るだけでは、見えてこない。「言語の遅れが自閉症の原因」というのは昔の説。またその検査法が、最新の学術理論をもとにして、標準化された手続きで作られているか、何の目的で作られた検査なのか、その検査の弱点は何かを理解した上で実施が必要。


検査法の結果の記述は正確に。たとえば、PVT-Rは、「記述分類」がある。数字だけでなく、「遅れている」などの記載が必要。また、誰がいつ実施したのかの記載も必要。


検査法を実施したのであれば、間違えてもいいので、自分なりの解釈、その解釈をもとに、指導方針にどう生かそうと考えているかも発表されると良い。


「話し合って欲しいこと」には、「どうすればいいか」ではなく、「こうしたら良いのではと考えているがどうか」とした方が、話し合いやすい。 


そして当日はレポート数が8本に達したため、班を2つに分けました。
私の班では、以下の視点で述べさせていただきました。


場面緘黙の場合、学校や家族のようすなど、子どもが一日の中でどのような気持ちで過ごしているのかを総合的に理解することが重要。「不安階層表」を子どもとともに作成することができれば、周りの人の対応の仕方の参考になり、自己理解にもつながる。


構音指導には、音の指導順についての「定石」がある。子どもが一番困っている音を先に指導する選択肢もあるが、どの順で指導するかの判断は、専門的知識と経験が必要。


読み書きをテーマに協議したいとのことだが、知的能力に比べて、本当に子どもは読み書き能力が低いのか。何を優先して指導するかを判断するには、知能検査の解釈の基本を学ぶことと、会話の様子から言語発達を見立てることなど、トータルな子ども理解が必要。学校にとってではなく、その子にとっての学び、育ちとは何かを考えての指導、支援が大切。


「SST」というと、料理とか、工作などをイメージする。それも良いが、本児の場合、かくれんぼなど、もっとベーシックな遊びでつまずいている可能性もある。インフォーマルな、ベーシックな遊びの中で、ルールを話し合うなど、自然な流れでのSSTが必要では。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


1月12日は臨床研修会(自主研修会)、1月16日には構音基礎講座

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年は、皆様に別の形でお目にかかるかもしれません。
現在、正月返上で準備を進めています。

さて、冬休み中の研修会を以下のように企画しています。
ご興味のある方はメールください。

1月12日(木)臨床研修会(自主研修会) 事例検討です。10:00~15:00
うちの学校でやります。
既に10本の発表予定ですので、新規申込の方は、発表はできませんが、
オブザーバーとして参加できます。発言権なし。(こそっと質問はOK?)
正規参加ではないので、非会員でも参加費無料。
お昼は近くのホテルレストランでお食事しながら交流プラン(希望制)。
予め希望メニューを伝えて頂くと、10%割引!


1月16日(月)構音障害基礎講座です。10:00~12:00
近くの特別支援学校にお呼ばれしたので、研究団体と共催でやります。
基礎的な講義、演習、練習問題?です。
参加費無料。

関心のある方はご連絡を。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


状況絵の説明課題

状況絵の説明課題で、先生が質問を重ねると言うことは、
そこに他人の視点が入るということ。
まずは、子どもの自由な発言を大事にしたい。
ことばが尽きてから、必要に応じて質問を加える。
記録には、どのような質問をしたか、その結果どのような
返答があったかも書く。

単に話した内容を書くだけでなく、文法構成や、単語をいくつつなげて話したか、
相手を意識した話し方なのか、なども見ていく。

単に「絵の意味はわかっているようですよ」では、評価にならない。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


教育相談研修

研修で一番ハード、かつ一番学びになるのは、教育相談研でしょう。

私なりに考えてみた、研修目標を挙げてみます。

1 相談申込を受け、主訴を整理することができる。
2 主訴から、子ども理解に必要な事前情報をリストアップすることができる。
3 必要な情報の収集方法を計画することができる。
4 計画に基づいて、情報を正確に収集し、整理することがきる。
5 整理した情報から、子ども理解のあたりをつけることができる。
6 仮説を検証するために、相談時面接での観察の観点、必要な検査をリストアップすることができる。
7 観察、検査結果をもとに、子ども理解の仮説を立てることができる。
8 子ども理解の仮説をもとに、必要な支援の手立てをリストアップできる。
9 理解と支援について、保護者にわかりやすく説明することができる。
10 学級担任などへの報告書をわかりやすく書くことができる。

こんなところでしょうか。

だから、教育相談研は、総合的な力が必要です。

検査の研修も大事ですが、まずこうした総合的な力をつけていける研修が大事かなと。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


OJTの研修はなぜ重要か

メニエール病で通院していたとき、毎回聴力検査を受けました。
ベテランのSTさんは、機械の操作に無駄がなく、仮説を立てながら
測っていることが感じられました。

たまに新人のSTさんが測ってくれたことがありました。
骨導の機械が耳の裏の骨に密着していなかったり、
左右のボタンを間違えたり、
最初に聞かせる音が大きすぎたり、小さすぎたりなど・・・。

後ろにはベテランのSTさんが見ていて、あとで指導している
様子がありました。

半年で、新人さんはとても上手になりました。

知識はもちろんですが、実際にやっているところを指導してもらう、
という研修が必須。
ところが一人教室だと難しい。
だから地域ごとの研修のつながりが重要。

研修にでかけようとしたら、「年休」をとって行きなさいというところも。

ことばの教室担当の研修は重要。
補欠授業に回る時間があったら、出かけて研修する。
文献のひとつにでも目を通す。

通級担当は、学校の便利屋ではない。

管理職の理解が必要ですね。
「通級学級に関する調査研究協力者会議」(H5.3.31、文部省諮問機関)
にそのことは書いてあります。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


何を優先すべきかは、本人の気持ちも大事

周りの大人は、友達とのコミュニケーションに支障はないので問題はないと。
でも本人に尋ねると、うまく発音できなくて困っていたのだと。

よく、発音よりもコミュニケーションを優先すべきという主張がある。
しかし、何を優先すべきかは子どもによって違うのであって、
一般論をすべての子に当てはめるのは間違いだ。

この事例の場合、本人が困っているのに、何年も放置されてきたことになる。

特別支援教育は、一人一人の教育的ニーズに応えようとするもののはずだ。
子どもの心の内側からの理解が大事である。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


全国学力テスト

全国学力テスト。
「平均をことごとく下回る」という記事。
でも別の新聞では「○○と○○は平均を上回る」という記事。
同じテストなのにね。
後者の方がずっと教育的な見方だと思いますが。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


「検査」を抑制的にとらえるか、積極的に捉えるか

「検査」を批判する向きは、実は検査のことをよく勉強していない。
批判するなら、まず勉強すべきだ。

「検査では子どもの心はわからない」
と断定するのが一例。

「心」を理解するためには、主観と客観の両方が必要。
「主観」を他の人とすりあわせるだけでは、「客観」にはならない。


逆に、「まずは検査ありき」の風潮も問題。
検査は補助にすぎない。
検査で全てがわかるわけではない。
事前の見立てを根拠づけるものでしかない。
事前の見立ての方が大事。

某相談機関の問診票は、昔は主訴や行動観察を書く欄が一番上にあった。
今は検査結果の欄が先にある。
様式改定の背景に、見えてくる「思想」がある。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


エセ科学

「側音化構音のある子は、性格的に緊張、不安になりやすい子が多い」
「吃音のある子は、性格的に緊張、不安になりやすい子が多い」

いずれも、統計学的根拠はない。
実際には色々な子がいる。

過度に「心」、心理的要因で説明することは、慎むべきだ。
道言協の研究主題には「心」の文言がある。
その方向は良いと思う。
しかし、「心」で全てを説明できるわけではない。

科学的根拠が全てではないが、エセ科学により傷つけられる人がいることも事実。

「親の育て方」に行きやすい。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***




忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***