忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[1646]  [1645]  [1644]  [1643]  [1642]  [1641]  [1640]  [1639]  [1638]  [1637

長所を伸ばす「良いところカード」

「できないことを突っ込んで、できるようにする」
確かにそれも大事かもしれません。

でも、できることを伸ばす視点も重要。

「良いところカード」を実践したところ、

情緒が安定した
生活が穏やかになった
キレにくくなった
という効果が認められた子が何人もいます。

「良いところカード」とは、
通級担当、学級担任、保護者が気づいた子どもの良いところを
メモしていくものです。
三者でカードを回覧し、書き足していきます。

どんなささいなことでもかまいません。
「ゴミを拾ってくれた」
とか、
「温食のふたをしめてくれた」
など、なんでも。

他の方が書いたものを読んであげると、
うれしそうにする子がいます。

大人は良いところを見つけようと心がけて生活するので、
実は大人の子どもへの見方の変容の効果もあると思われます。

「うちの子にはよいところがない」
と嘆く親御さんにも、親子関係の改善を期待。

テストの点数が低いと言われ、
子どもが否定的に評価され続ける雰囲気の世の中に
一石を投じる効果もあるかも??。

失敗から学ぶことは難しく、成功から学ぶ方がうまくいく子がいます。
そのつもりがなくて行動したことでも、
結果として良い行動であれば、
それを支持することで、
行動が強化される子がいます。

ストレングス(強み)を活かした指導をめざしたいと思っています。


「6秒間深呼吸して、アンガ-マネジメント」
という実践もあるのでしょうが、
そもそもキレやすさの背景には、
孤独感、挫折感、自己否定感などの感情が鬱積しているわけです。
そこへのアプローチなしに、小手先のアンガ-マネジメントはないのでは、
と思っています。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***