忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[1653]  [1652]  [1651]  [1650]  [1649]  [1648]  [1646]  [1644]  [1643]  [1642]  [1641

事例検討。みなさん、熱心に議論。

事例検討。みなさん、熱心に議論。
問題行動ばかりに注目するのでなく、その背景、経緯を理解すること。学校の場面だけでなく、その子が一日の中で一番安心できる場所はどこかを考えること。「できる・できない」結果だけでなく、その子や周りの子にとっての思いを大切にすること。などなど、事例検討でなかなかか出てこない視点を提示させて頂きました。
ちょっと情緒的な解釈によりすぎたかもしれませんが、学校の先生が持ちにくい、「背景、経緯」の理解が、子どもの行動を理解する上では必須だと思い、提案させて頂きました。
 事例検討でもっとも大事なのは、子ども理解。
 事例提供者のお悩みは「方法」でしたが、まず子どもの背景や取り巻く環境、そして将来を展望した上での今、という視点で、多面的、総合的な子ども理解に議論が行けたのではないかと思います。
 ちょっと短い時間で盛りだくさんでしたが。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***