忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
[12/21 赤根 修]
バーコード
アクセス解析
[1457]  [1456]  [1455]  [1454]  [1453]  [1452]  [1451]  [1450]  [1449]  [1448]  [1447

講師を断る毎日

最近、毎日のように講師依頼が来ます。

基本、夏休みにお願いしています。
夏休みでは人が集まらないというなら、家庭の事情もあるでしょうけれど、
夏休みでも集まって勉強したいという方々の集まりでないと、
遠出する意味が、私自身にもないわけです。

研修担当の先生が、毎年講師を呼んでいる流れを受けて、今年も誰かいないか、と探す事情はよくわかりますが。

ただ、私はこの道のために、たくさんの休日と、60万円の私費を投じました。
東京で2週間ホテル住まいしたり、何度も飛行機で出向きました。

自宅を研修会場にして、仲間を呼んで、ネットスクーリングの運営協力もしました。

一方では、現場の超多忙化のため、専門書の一冊も読む時間がとれない。
研修の問題の焦点は、実はそこにあるように思えます。
各自が研修で自立できない職場環境なのです。

もう一つは人事の問題。
何年か経験したら通常学級に行ってしまう。
あれだけ一生懸命研修した意味はなんだったのか。
また一からのやり直し。

もうやめにしませんか、こんなばかげた人事。
いくら研修をがんばっても、むなしい結果に。

WISCができる通常学級担任、WISCがわからない通級担当。
そんなこっけいな。

人事交流で研修になるという方もいますが、
昨日まで皮膚科だった先生が、病院の都合で今日から脳外科ですという医師に、
あなたは自分の脳手術を委ねられますか?

学校の論理でなく、教育サービスを受ける側の論理で考えて欲しい。

私は私費を投じてでも勉強したいという新しい先生には、いくらでも協力します。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***