忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[1085]  [1084]  [409]  [1083]  [1082]  [1081]  [1080]  [1079]  [1078]  [1077]  [1076

意外と見落とされやすい、椅子の高さ、座りごこちと特別支援教育



着席の姿勢が崩れ、椅子から前にずり落ちる子がいます。
本人も笑っているので、ふざけているように見えます。

でも、実は足腰の筋力や、バランスの関係で、姿勢の安定が難しいことがあります。
おしりが椅子から滑り落ちるわけです。
100均のマットを敷いて、無事解決。

机や椅子の高さがフィットしていなくても、姿勢が乱れることがあります。
脚が地にしっかりついて、膝が90度になるのが、ちょうど良い高さ。

特別支援教育以前に、こうした基本が整備されているかが重要ですね。

小1から小6、時に幼児や中学生の子も来室する私の指導室には、3種類の高さの机、椅子を常備しています。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***