忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[415]  [411]  [1087]  [1086]  [1085]  [1084]  [409]  [1083]  [1082]  [1081]  [1080

【自作教材】 風船CD カーリングゲーム



ホワイトボードをよこたえて、風船の圧でCD(DVD)を浮かせ、滑走させます。
画期的な教材と思ったのですが・・・。
なめらかにすべり、高得点の位置に華麗に止まったと思ったら、自発的に思わぬところへ動きだし。
じっとしていないのでした。

でも、「高得点の位置に再接近した位置を得点にする」というルールに変更して対応。

ルールを話し合いながら、折り合いながら。SST。

私はタブレットも持っていて、それで学習することもありますが、液晶上では、こうしたSSTにはなりにくいです。

「困ったときにどう対応するか」というSSTの教科書的実践を見ることがありますが、ハプニングは作る物でなく、できるもの、自然の生活文脈の中で、ということが大事だなあと。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***