忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

自作教材 CDコマ



こんなものでも、おもしろくて、おかしくて、一時間夢中になったりします。

作って、遊んで、楽しんで、いつのまに遊びの企画、話し合い、ふり返りができている。

教科書的なSSTなんて、私はあまりやりません。

「現実の生活での必然性」がそこになければ。

たとえ話では、本当にソーシャルスキルは身につかない、と思うのですね。

たとえ話にすぎない、ということは、子どもは微妙に感じ取ったりします。

だから、本当は、どう応えていいかわからないし、わかったとしても、指導者の期待にとりあえず応えるような回答を考えたりするだけだったりします。

リアルに楽しめる、関わり合う、ということだと思うのです。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

【自作教材】まちがいさがし 画像



これは、いったい・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


【自作教材】豆ちゃんすごろく Ver.2


イラストの質問に答えながら進めるすごろくです。
ver.1に比較して、

1 相手に対して、「好きな食べ物は?」など何か質問できたら、豆ちゃんカードをもらえる。質問に答えた人ももらえるなど、参加者の双方向の言語コミュニケーションの強化。

2 内緒話をし合っている絵を見て、どんな話をしていると思う? など拡散的な質問の増量。
 (話している人の表情から読み取る、想像力を育てるなど)

3 お守りを信じますか? それはなぜですか? など、「なぜ」を問う問題の増量。

など、VER.1に比べて難易度が上がっています。
ただ、イラストでの質問なので、子どもの実態に応じて質問内容を変えられるのが特長です。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


既成の価値観を壊し、新しく創造・・・でも、研究と努力の裏付けがある




日本一の低予算、3億円で建てられた水族館。
水族館プロデューサーの中村元さんは、「日本一のビンボー水族館」、「3億円で水族館を建てるなんて本来は間違い」とまで。


しかし、中村さんはこの水族館を監修し、予想数を遙かに上回る人気水族館に仕立て上げました。
彼ははじめ、業界から「異端」扱いされていたそうですが、今では全国的に有名な水族館プロデューサーに。
既存の価値観をうちやぶり、大胆に工夫していく仕事ぶりにあこがれます。
単に壊すということでなく、徹底した研究と努力の裏付けを感じます。
持って生まれたセンスもあるのでしょう。


***


生きたままの餌を与える「いただきますライブ」は、平日の特定の曜日、特定の時間です。
通常は勤務日なので、見られない時間帯です。
でも今年はお正月の開館日に見られるとのことで行ってきました。


通常、餌は死んだ状態で与えますが、ここの水族館では生きたまま与えます。


ニジマスを生きたまま与え、巨大淡水魚のイトウが追いかけてくわえるシーンはインパクトがあります。
子どもたちに見せるのは、残酷だとの意見もあるようです。
でも、死んだままの状態の餌を食べるシーンより、生命のはかなさ、尊さを感じ取れます。


この企画の名称は「いただきますライブ」。
けっして、某有名動物園の「もぐもぐタイム」ではない。


そういえば、日本の文化は「いただきます」の文化。
生命を、そして料理を作ってくれた人々に感謝して手を合わせる。
自然を「征服」するのでなく、自然に「生かされている」という文化。


この企画の思想の深さを思います。

大人の観客は、もう少しで餌を採り逃がしたイトウを見て「おしい!」と言いました。
しかしある子は、イトウにかまれて、動けなくなったニジマスを見て「食べちゃった(食べられちゃった)」と言いました。
子どもの方が、企画の主旨を心からとらえているなあと。


***


イトウはいつもは、水流にそってみんな右側を向いて静かに泳いでいるのですが、ライブの時間は激変。
餌が投下される前から、いつもとは違う慌ただしい泳ぎ方をしていました。
餌の投入の予兆に気づいているのは明らかでした。
飼育員の足音などで、わかるのですね、きっと。

↓動画

http://youtu.be/_k3IZ2XY7b4


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。


特別支援教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


【自作教材】迷路 その2





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


【自作教材】クリスマス用すごろく





クリスマス用すごろく
ケーキカードがもらえる。

先にゴールしても、カードが多くても勝ち。
おもしろい回答をした人も勝ち。




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


【自作教材】おもしろめいろ



元ネタ

簡単工作100選
http://crafts.step.aichi-edu.ac.jp/index.html


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  
 

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


【自作教材】風船CDカーリングゲーム その2 作り方




問い合わせがあったので作り方を。

フィルムケースの蓋の中央に穴をあける。穴の大きさは、空気入れのノズルの大きさに。
蓋の上から、風船の開口部かぶせて入れ込む。〔難〕
灯油のポンプなど柔らかい素材の筒に風船を通す。〔百均でひらめき〕
フィルムケースとCDとを両面テープでくっつけ、まんなかに小さな穴をあける。
風船に空気を入れる。
空気を入れたら、CDは固定したまま風船だけを回旋する。と、風船開口部がねじれるので、空気は漏れない。
フィルムケースに、風船をつけたフィルムケースの蓋をする。かちんと。
ねじった風船を反対方向に回旋すると空気が出る。

つるつるしたフロアでホバリング。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


【自作教材】会話すごろく イラストバージョン



会話すごろくイラストバージョン

イラストだから、質問内容をアレンジできる。
20面体さいころ使用で時間短縮。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


わからない、と言っていい




わからないときは言っていいんだよ。

わからないと言いにくかったら、このキャップを先生にわたしてね。そうしたらヒントをあげる。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***




忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***