忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[968]  [967]  [966]  [965]  [964]  [963]  [962]  [961]  [960]  [959]  [958

WISC−4とタブレットのアプリの使用との関係

ただいまタブレットから入力中。投稿できないと思っていたら、投稿用のアプリがあったのでした。
タブレットを使っての指導の感想。
当たり前のことですが、タブレットだろうが、何であろうが、結局は子ども理解がベースだということ。
漢字の読み、書き、意味概念のそれぞれをねらったパッケージのアプリがありました。
そのメニュー選択画面で、子ども理解の仮説に基づいた選択を行うわけです。
そして実際にやらせてみると、仮説の妥当性が検証され、次につなげたり、励ましたりできるわけですね。
それと、自習にも使えそうではありますが、遊んでしまう子もいるだろうなと。
衝動性の強い子や、学習意欲の低い子は、考えないでタップタップになりそう。逆に興味を持つ子も多いと思うけど、万能でも、無害でもない。
近眼の子にめがねを与えれば、それでよいというわけでもないのと同じ。
ただ、画面の漢字を指でなぞるという機能は、タッチパネルの強みですね。指でなぞってから、鉛筆を持つことで、助かる子もいるでしょう。
安いのだと、適当になぞっても正解してしまうということはありますが。

と、打ってみましたが、慣れていないので、肩がこってきました。

それに、バーナーをどうやって貼り付けるかもわからないです。
コピペってできるのでしょうか。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 次回記事も期待の方は一日1クリック プリーズ。
  



(以下CMは、記事と無関係です)

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***