忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
[12/21 赤根 修]
[12/17 ku]
バーコード
アクセス解析
[1304]  [1302]  [1301]  [1300]  [1294]  [1298]  [1299]  [1297]  [1296]  [1295]  [1293

認知心理学の講義

心理検査を扱う際「符号化」という概念と出会うことがよくあります。
わかっているつもりでも、講義を受けると、その理解は浅かったと思いました。
たとえば、

「符号化特定性原理」
 経験A&B
 A→B ○
 C→B ×

A、Bを経験した際、
AがあるとBを思い出しやすいが、Cという別のことがあると、Bは思い出しにくい。
「符号化」にはたとえばこのような原理がある。

符号化そのものが苦手であると、記憶も整理されないですね。

「記憶する」の前に「理解する」が大事なわけです。


そのほか、「潜在記憶」と「顕在記憶」
「プライミング効果」

「気分一致効果」
「気分依存効果」

昔ならったなあと思うことが次々と。

こうした知識を改めて学ぶことで、子ども理解、検査の理解につながっていくと感じました。

心理検査は公認心理士が解釈する、という国の方向性の意味が改めて認識できました。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***