忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[707]  [706]  [705]  [702]  [701]  [700]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695

新しい水族館のお写真


水族館がリニューアルオープンしたので行ってきました。
温泉で育った魚なので、通常よりサイズが大きいです。
日本一の巨大肺魚プロトプテルス・エチオピクス。
普段はこの姿勢のままおとなしくしていますが、30分に一回、
呼吸するために水面に上がってくるのだとか。
おもしろい。
でもその場では動きが全くありませんでした。
しかし、館内を一周して偶然目に入ると・・・、
水面に上がり、竜のようにダイナミックに踊っていました。




P1000461.JPG
イトウです。養殖したイトウは全国で見られますが、1m以上もある巨大さが見られる貴重な水族館です。しかも天然もの。
以前は、イトウはバラバラの方向に泳いでいたのに、新しくなって、みな水流に向かって同じ方向を向いて泳いでいます。そして、アクリル板も曲がっていて、より立体感を持たせています。
この方がはるかにダイナミックでおもしろいです。携帯カメラなのでそれなりの画質ですが、本当はもっと美しいです。


P1000458.JPG
光の当て方一つで、こんなに美しく見えるのですね。











sP1000472.jpg
擬岩もライトの当て方もすばらしい。美しい。

実はこの水族館の初代は、元うちの校長と、今の某園長が教諭時代に作り上げたプロジェクトなのだとか。
学校の先生をやりながら、地域にこんなすごいものを作るプロジェクトに参画するというのは、何て素敵なことでしょう。
それだけ、昔の教員は今よりは時間に余裕と、夢があったのでしょう。
今では難しいですが・・・。

そして完全リニューアルしたこの水族館は、全国的に有名な水族館プロデューサーがプロデュースしてくださったそうで。低予算でいいものができました。


sP1000473.jpg













すぐ隣の子どもの木の遊び場も、すべり台がついてリニューアルしましたよ。
自閉的傾向のある私は、本当は魚の動きを何時間でもじーっと見ていたかったのですが。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

 


特別支援教育 ブログランキングへ


 
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***