忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189

音節分解しりとりすごろく



しりとりをしながら、その単語一音ずつコマを
進めます。

たとえば「た・ま・ご」なら3マス、
「と・う・も・ろ・こ・し」なら6マスです。

青いマスに止まったら、5マスもどる。
赤いマスにとまったら、5マス進めます。

後半は、一度赤いところに止まると、
5マス先はまた赤いので、連続3回飛べます。

促音「っ」は一マスですし、拗音(「しゃしゅしょ」など)は
一マスですが、指導のねらいや子どもの実態に応じて
ルールを合わせます。

また、すごろくでは、自分の居るマスも「1」として
数えてしまう場合もありますね。
そうした場合は、自分の居るところを「ゼロ」として
数え、定着したら、徐徐に「ゼロ」を内緒の声にして、
最終的には言わない、など漸次接近的にやるのも
いいかもしれません。

もっとも、「ゼロ」という余計なことば挿入することで、
しりとりが混乱してしまう子もいますので、
万能ではありません。

こんな単純な教材でも、
子どものノリは結構よいです。
もう10年は使っています。


構音の定着が難しかったり、文字の読み書きに
遅れのある子の中には、
音の分析が弱い子がいます。

普段聞き慣れて、言い慣れていることばでも、
それを一音ずつ音節に分解できない場合がありえます。

語内位置弁別の前に、音節分解はどうなのか、
アセスメントの上で、この教材の可否を検討します。

ちなみに、音の分析能力には以下のことがあります。



音韻意識の発達は、標準的には以下の通りです。



日本LD学会の昨年の発表論文集を見ると、
「音韻認識力」を高めるワークシートを
通常学級で取り入れたところ、
文字の表記に困ることなく書ける児童が増えたとか。
担任も「音韻認識力」の大事さを知り、
それを意識した授業が行われたのも有効だったとか。



今回、PDFで新たに作り直しました。
写真とは少しレイアウトが異なります。

また、ご自由に改変できるように
WORDファイルも添付しました。


ダウンロード(pdf)


ダウンロード(doc)


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

Comment
無題
いつも参考になる教材ありがとうございます。
質問です、「とうもろこし」なら5ますすすめますというのが、何故なのかわからないのですが・・・
Re:無題
げんきさん、こんにちは。
ええと、とうもろこしの話はどこに載っていましたか?
ブログでなく、私のDVDでしたか?
【 管理人ya 2010/01/13 12:35】
無題
すいません、唐突に文章をはじめてしまって・・・。音節分解すごろくの約束のところです。モーラの考え方や音韻のところで最近行き詰っているものですから。
Re:無題
単純な入力ミスでした。6マスですね。すみません。
【 管理人ya 2010/01/14 19:49】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***