忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  [1222]  [1221]  [1220]  [1219]  [1218

「楽しさ、安心感があってこそ、能力は伸びる」

用意した教材を全てリセットして、遊びに徹することに。

毎年1000人ずつ減っていくまち。
いろいろなところに無理がかかっています。

まわって、まわって、子ども達が一番影響をうけるわけです。

文法とか、表現力の前に、楽しい、生きていて良かった、私は愛されている、を取り戻す。

そして週1回の指導で本当に足りているのか、より適切な支援は何かを真剣に検討しなければ。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

Comment
ありがとうございます!
 YA先生!・・ちょっと感激・・うるっとしながら書いてます。

『楽しい、生きていて良かった。私は愛されている』を遊びと遊び心に徹する中で・・「自分は検査でテストでも良くなかった。怒られてばっかりだ。ダメな子どもなんだ」そんな小さな胸を痛め傷ついてる子ども達から

      【 !!取り戻す!! 】

 そんな遊びに徹する中にその子の様子を見て聞いて感じとり、その子の言葉での苦労を支える指導を織り交ぜていく。

「この間 絵カードでやったでしょ?」で無く、子どもから(この「から」の方向も重要と思います)「あっ!あん時ねぇ~・・」と物語が始まって欲しいと思うのです。

そして、大人自身も日常に紛れ見失いがちな『楽しい、生きててよかった』を感じ戻し(?)たいものです。

 目には見えなくとも私たちは色々なものに、たくさんの『恵み』を頂いているのですから

 色々壊し、失いながら また育て、作り 生きる!
さぁ、今日も一日頑張ります!

 

 
Re:ありがとうございます!
マズローの要求が満たされていない子ども達。
心がとても痛みます。
一筋の光としての役目を果たせたら。
【 管理人ya 2014/05/16 19:06】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***