忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[01/11 board]
[11/21 西村徹]
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
バーコード
アクセス解析
[463]  [498]  [674]  [746]  [775]  [771]  [798]  [813]  [820]  [825]  [828

日常生活に近いソーシャル・スキル・トレーニング

臨床実習生は、私の担当の指導の様子を参観し、事後に評価を検討しています。
また、一事例を選んで、4週にわたって、実際に指導を体験してもらいます。

私はある事例の子についての実習生への助言のなかで、
「フルーツバスケット」も考えていると、つぶやいていました。
実習生はそれをよく覚えていて、「フルーツバスケット」の指導計画を提案してきました。

「できるだけ日常の遊びに近い題材を」
「指導のために場を作ると言うより、自然な場の中で生じるドラマの中にSSTの視点を入れること」

日常大切だと思っている視点にも合致します。

子ども同士の関わりの中で、提案、質問、意見、合意、運営、修正、場を抜けるときの声かけなど、
普段の遊びの中に、様々なコミュニケーションスキルの要素が入っています。

そして、何人も集まると、何よりも、楽しい!

事後の担当者同士の振り返りでは、子どもの行動の意図や背景、
今後強化していきたい行動などを話し合いました。


大人が子どもに伝えるSSTも大事だし、子ども同士の中で育つものも大事です。

どちらかに軽重をつける意見がありますが、私は両方を組み合わせることだと思っています。

そして、SSTは通級指導教室でなければできないということではなくて、
地域の児童センターや、近くの公園での遊び、在籍学級での休み時間、学活など、
日常でもできることのはずだ、と確信するのです。

だから、「ことばの教室へ行ったら、SSTがやってもらえるよ」
というとらえ方に対しては、違和感を覚えるのです。

実際にはやれることもありますが、時間割の関係で子どもの組み合わせがうまくいかない、
ということの方がはるかに多いですし、日常と離れた場で指導しても、「日常への般化」が
うまくいくとも限りません。

上記の例は、非常にまれに恵まれたケースです。




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
応援の1日1クリックを!


特別支援教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***