忍者ブログ
某公立学校ことばの教室教員。言語聴覚士。特別支援教育士。 『クイズで学ぶことばの教室基本の「キ」』の著者。  SINCE 2000.1.1 
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
25 27 28 29 30
最新コメント
[02/23 留萌小学校ことばの教室]
[05/10 プー子]
[01/11 にくきゅう]
[11/25 なっか]
[10/26 さつき]
[10/12 赤根 修]
[08/21 赤根 修]
[05/28 miki]
[05/28 miki]
[05/13 赤根 修]
[05/06 赤根 修]
[04/15 miki]
[04/15 赤根 修]
[03/12 かわ]
[03/09 赤根 修]
[03/03 KY@札幌]
[03/01 赤根 修]
[02/28 hakarino]
[02/23 kさん]
[02/23 miki]
[02/12 suge]
[01/15 suge]
[01/15 miki]
[12/21 赤根 修]
[12/17 ku]
バーコード
アクセス解析
[1570]  [1569]  [1568]  [1567]  [1566]  [1565]  [1564]  [1563]  [1562]  [1561]  [1560

「検査」を抑制的にとらえるか、積極的に捉えるか

「検査」を批判する向きは、実は検査のことをよく勉強していない。
批判するなら、まず勉強すべきだ。

「検査では子どもの心はわからない」
と断定するのが一例。

「心」を理解するためには、主観と客観の両方が必要。
「主観」を他の人とすりあわせるだけでは、「客観」にはならない。


逆に、「まずは検査ありき」の風潮も問題。
検査は補助にすぎない。
検査で全てがわかるわけではない。
事前の見立てを根拠づけるものでしかない。
事前の見立ての方が大事。

某相談機関の問診票は、昔は主訴や行動観察を書く欄が一番上にあった。
今は検査結果の欄が先にある。
様式改定の背景に、見えてくる「思想」がある。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***


PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑ 特別支援教育ブログランキング。1クリックを




***